人気ブログランキング |

タグ:ゲット ( 1 ) タグの人気記事

作業療法士

介助免許ゲットの1つが、患者や介助保険ケア活用者の身体の能力改善・維持に努める作業療法士です。
作業療法士は、身体障害・精神障害・発達障害を持った感じの人や、老齢期障害を持つ老齢者に対して能力改善・維持の目的のための援助を行っています。
また、障害を持ちながら、実際一体どのように生活していくかの援助も行います。
作業療法士は、活用者の動作、家事、業務、遊びなどの「作業」において、筋肉を強化し、実際に関節可動訓練、感覚あるいは、知覚の再学習などよって諸能力を回復するのです。
そして、絵画や陶芸などを通じての訓練や、日常生活で活用するような用具の工夫や、家屋の回復への指導を行っています。
理学療法士との違いに関しては、障害を持つ人が作業活動によって、きちんと日常生活に適応していくようなことを目的としているようなことです。
作業療法士の介助免許ゲットのために関しては、国家テストを受験して合格しなければいけません。
一般的に大学あるいは、作業療法士の養成設備で3年以上学習後、テストに臨みます。
就職先は、一般病院、リハビリセンターなど医療機関や、あるいは、肢体不自由児設備などの保険ウェルフェア関係性のある機関などです。
そして、介助老人ウェルフェア設備や介助老人保健設備などでのリハビリや、訪問看護ケアなどを行い、日常動作の改善・維持を図る作業療法士は、今後、老齢化社会の中で更に必須とされます。
作業療法士は、障害を持つような人に対する業務に就業する免許です。
この介助免許ゲットに際しては、体力だけでなく忍耐力や活用者の思いを明るく支えていく思いが大事です。
by dasuass | 2009-06-10 06:53