<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

男性型脱毛症には、大豆イソフラボン&カプサイシン

大豆イソフラボンは、男性型脱毛症対策についてもかなりよい成分とされ、近頃では、唐辛子の辛味成分として著名な「カプサイシン」と「大豆イソフラボン」を同時に実際に摂取すると、毛髪の成長を促進するという感じの情報も聞かれています。
尚、この方法については、普通の食生活でもちゃんと実践可能ですが、毎日継続させる感じの事を考えると、袋入りの乾燥唐辛子を実際にオブラートに包み、豆乳で流し込むのが最も簡単でかなり継続しやすい方法であると考えられます。
※どのような男性型脱毛症に効果的な成分をちゃんと摂取しても、体内への吸収率が低い感じの状態ではあまり効能は望めません。
ですので、吸収率アップをきちんと促進する「体内毒素排出」と「体温上昇」を同時にちゃんと実現する「足湯」を日頃の生活に関して取り入れると、サプリの有効性は、実際、さらに高くなります。

⇒ 話題の育毛剤 カークランド製ロゲイン5%

カークランド製ロゲイン5%・6本セット・男性用(15,000円以上お買い求めで送料無料)【ダイエットクリニック】
[PR]
by dasuass | 2009-02-28 23:06

エネルギースポットの効能や効用

エネルギースポットと、実際、一言で言ってもどのような効能や効用があるのかなんてあまり分かりません。そこでエネルギースポットにはどのような効能や効用などがあるか少し挙げてみたいと思われますので少し参考にしてみて下さい。

・生命的エネルギーが実際に強化、増幅されます。
・精神的、肉体的に癒されたりあるいは、浄化されたりするのです。
・マイナスエネルギーをかなり除去して癒してくれます。
・病に対する防御力、改善力の向上が期待できます。
・潜在能力を目覚めさせてくれるような働きがあります。
・その他には運勢を好転へ導いたりするような感じのことができるでしょう。

ではこういった感じの効能が得られるようなエネルギースポットに関しては、一体、日本では何処にあるのでしょうか?いくつか実際に挙げてみたいと思われます。

【山にあるエネルギースポット】
一般的に言って高山に関しては霊山であるような事が多いです。「富士山」「阿蘇山」あるいは、「戸隠」などがこれに当たり、実際にエネルギースポットと呼ばれています。

【神社にあるエネルギースポット】
「伊勢神宮」「箱根九頭龍神社」あるいは、「明治神宮」などが実際に挙げられます。
こう言った感じの神事を祀っているような場所はスピリチュアルなエネルギーがかなり満ち溢れていて、風水で言っても幸運や開運などに紐付く感じの運気が溢れているようなエネルギースポットになります。

そして、エネルギースポットに関しては日本だけでなく、実際、世界中にも存在していますので、その一部を少しご紹介するのです。
・ウルル(オーストラリア)
・ストーンヘンジ(イギリス)・マチュピチュ(ペルー)
・セドナ(北米)


とこれ以外にもかなり沢山存在するのですが、どれも行くだけで実際に強いエネルギーを感じる事ができるようなすごい場所です。
[PR]
by dasuass | 2009-02-18 22:45

人員整理と求人広告を見る時の注意点

自分がまさかの人員整理にあってしまった、さあ明日からの暮らしに困った。
そんな状況で、とりあえず何か仕事したい、と思ったら、おそらく求人広告や求人情報誌に目を通すということになるでしょう。
ここでは、そんな求人広告にカンタンに目を通しただけで応募してしまって、すぐに採用されて、でもその後になって、「こんな筈じゃなかった」と失敗しないための大事な対策方法として、求人広告の見方について、少し注意点を書いてみたいと思います。
求人広告はスペースに関しては、自ずと限りがある状態のため、すべての情報を詳しく掲載することは、基本的にできません。
とは言え、載っていない情報に関しては、自分で勝手に良いように想像してしまうのではなくて、読み取れる情報についてはすべて正確に読み取って、書かれていないような詳細な部分については、面接時にきちんと質問をしておくことが必須であります。
面接対策としては、あらかじめ広告に掲載されている情報に関しては、よく読んでおいて、説明を求めたい内容に関しては、書き出すなどしてきちんと自分で確認しておきましょう。
人員整理という、ひどくショックなできごとによって、我を忘れてしまって、間違ってひどい仕事に就いて、トラブルに見舞われないように、焦ってはいても仕事探しは慎重、かつ迅速にするように心がけましょう。
[PR]
by dasuass | 2009-02-09 21:23

過敏性腸症候群と食物繊維の効能

おなかの調子が悪いと食べるものに気を遣うかもしれない。しかし、過敏性腸症候群の場合、絶対食べてはいけない食品はない。ただ、敏感になっている腸を刺激するような冷たいものや香辛料、アルコール、カフェインなどは控えめに。体の負担になる、食べ過ぎや節食し過ぎも避けておこう。積極的にとりたいのは、食物繊維である。野菜やきのこ、海藻などに多く含まれる。便がゆるいときは、食物繊維が水分を吸収してほどよい硬さに、便秘の場合はカサを大きくしてスムーズに出やすくする。丼ものやめん類、ファストフードなどは食物繊維が不足しがち。野菜の多いタンメンを選ぶ、海藻サラダをプラスするなどしたい。不足が気になるなら、サプリも役立つぞ。腸内バランスを整えるのに役立つとして有名なヨーグルトや納豆もおすすめだ。便秘の場合は、常温の水やお茶を意識して補給するとよいだろう。厳しい決まりはなし。ストレスにならない範囲で食事を工夫し、腸とうまくやっていこう。
[PR]
by dasuass | 2009-02-01 16:30