<   2009年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

糖代謝に良いといわれる成分

糖尿の原因として、インスリンが不足したり、働きが弱くなると、利用されないブドウ糖が血液中にあふれ、血管や神経を傷つけてしまいます。これが糖尿病です。高血糖状態が続くと、動脈硬化や神経症などの合併症の危険もあり注意が必要です。中高年の4~5人にひとりは、糖尿病患者か予備軍。肥満や運動不足が主な原因といわれていますので、まずは食生活や運動など、生活習慣の見直しから始めてみてはいかがでしょう。肥満気味の方には、ダイエットもおすすめします。さらに糖代謝にいいといわれる成分を積極的におとりになるのもいいですね。桑やヤーコンは、糖の分解吸収を緩やかにすることで古くかにがうりら知られている植物。また苦瓜(ゴーヤ)には、チャランチンなどの特有成分が含まれ、糖のコントロールをサポートするといわれています。長寿県・沖縄では、ゴーヤチャンプルーなどで知られるおなじみの食材ですね。食事からとるのが難しい場合は、桑の葉エキスやヤーコ、くにがうり濃縮苦瓜といったサプリメントもおすすめです。また一度にいろいろな成分がとれる甘バランスにがうりには、桑の葉、ヤーコン葉、苦瓜に加え、オリーブ葉、コロハ、バナバ、発酵バガスといった7種類の植物成分が含まれています。白米よりは、食物繊維の多い玄米の方が糖の吸収スピードも緩やかで、血糖の急激な上昇を和らげる働きがあります。主食がご飯のときは、DHC発芽玄米や、カロリーを控えられるDHC米こんにゃくを白米に混ぜて召し上がるとよいでしょう
[PR]
by dasuass | 2009-01-17 02:04